平成30(2018)年大相撲1月場所・総評
●幕内●
今場所は、3枚目の栃ノ心が平幕優勝しました。平幕優勝は2012年の旭天鵬
以来ですね。栃ノ心ですが、怪我で幕下の下位まで下がったこともあったこと
を考えると本当に辞めなくて良かったですね。そう思います。

横綱の鶴竜ですが、10連勝した時は、これは優勝するか??と思ったのですが、
4連敗は残念でした。でも11勝で終わって何とか引退は免れましたね。
4連敗は鶴竜らしいというか…。

大関の高安ですが、12勝と大関になって初めて2桁に乗せましたね。
優勝に関して言えば、「次は君の番だよ」と言いたいです。是非とも優勝
目指してもらいたいものですね。

逸ノ城ですが、筆頭で10勝と少々地味にはなったものの怪物復活ですかね。
上位でまた勝てるようになってきましたね。

北勝富士、阿武咲、貴景勝ですが、今場所は跳ね返されましたかね。
まあ、勉強の場所だったのかなと、そんな気がします。またさらに力を
付けてまた上位挑戦をしてもらいたいものです。

新入幕の阿炎と竜電ですが、10勝と2人とも頑張りましたね。是非とも、
上位、三役を目指してもらいたいですし、若手の一人として名乗りを
上げていってもらいたいです。

●十両●
筆頭の妙義龍が優勝しました。英乃海との決定戦を制した形ですね。
英乃海も今場所はよく頑張ったと思います。

貴源治と隆の勝ですが、今場所も勝ち越してまた番付を上げていってますね。
幕内を目指してもらいたいと思います。

新十両ですが、水戸龍は何とか勝ち越したものの、天空海は派手に
負け越しましたね。跳ね返されましたか。しかし、十両−幕下間ですが、
7人も入れ替わるとは…。

●幕下●
17枚目の若隆景が優勝しました。三段目付け出しデビューで注目されましたが、
来場所は十両が狙えるところまで上がりますね。筆頭ですかね、来場所は。

矢後、志摩ノ海、翔猿ですが、再び十両に戻りましたね。今度は、十両で
勝ち越してもらいたいものです。

6枚目の炎鵬ですが、21連勝と前々から注目されていましたが、ついに十両に
上がってきますね。ラッキー昇進でしたが、十両での活躍に期待しています。
準地元の力士としても期待しています。

7枚目の貴公俊もラッキー昇進しまして、ついに史上初の双子関取の誕生
ですね。貴公俊には、このような形で十両を目指してもらいたいと思って
いたので嬉しい限りです。来場所は、兄弟での勝ち越しを目指して
もらいたいです。

●引退●
元幕内の北太樹、双大竜、翔天狼が引退しました。北太樹は、北の湖部屋
初の三役になってもらいたいと思っていたのですが、なれずに残念でした。
双大竜は、1場所幕内を務めたのが印象的です。翔天狼は、三役には
なれなかったものの上位で頑張っていましたね。
今までお疲れ様でした。
write:2018/02/01 rewrite:− update:2018/03/24


Back

Archive