2016/11/21 マリー・アントワネット展
展示物ですが、一家の絵画は綺麗でした。マリー・アントワネットや
ルイ16世をはじめ、ルイ16世の父親のルイ王太子やルイ18世、シャルル10世
の肖像画もありました。ルイ16世の絵は見たことがあるものでしたね。
マリー・アントワネットの絵は上品な印象です。あと、古代ローマ風の
ルイ15世がなかなかかっこ良かったですし、結婚記念の扇は本当に豪華で
綺麗でした。

王家の祭壇は綺麗でしたし、ルイ・ジョゼフ・グザヴィエ・フランソワの
誕生の寓意は宗教画みたいだと思いました。宗教画みたいといえば、
ブドウの収穫の絵もそうですね。あと、燭台は金色に輝いていて
凄かったですし、衣装や部屋の調度品が本当に綺麗でした。
置時計は豪華でしたし、首飾り事件の時の首飾りも豪華ですね。

それから、日本の漆器もありましたが、マリー・アントワネットが
作らせたもののようで、こんな所で日本とのつながりがあるのが驚きでした。

ベルサイユ宮殿を映したスクリーンやプチ・トリアノンというルイ16世が
マリー・アントワネットに与えた小さな城があるのですが、そこの庭園は
素晴らしかったです。

フランス革命以後は、バスティーユ牢獄の模型があったりもしましたが、
ルイ17世の絵や家族に別れを告げるルイ16世、処刑されるルイ16世、
処刑されるマリー・アントワネット、鎖につながれたルイ17世の彫像が
切なかったです。あと、ルイ16世の妹に宛てたマリー・アントワネットの
手紙ですが、マリー・アントワネットが本当に最期まで毅然とした
態度ですべてを受け入れているのが偲ばれました。これも切ない物でした。

こうして見てますと、マリー・アントワネットの優雅で豪華な、華やかな
生活がうかがえました。本当に綺麗なものが多かったです。
フランス革命以後になると切ない物が多くなってきましたね。
特に鎖につながれたルイ17世の彫像は本当に切なかったです。
やはり、どの展示物も素晴らしいものばかりでした。
write:2016/11/22 rewrite:− update:2017/01/03


Back

Archive