7.創作系のこれまでのいきさつ
今回は、僕の創作系におけるこれまでのいきさつを書こうと思います。

小学校の頃から落書き程度にマンガなどは書いていましたが、自分の中で
ターニングポイントとなったのが「勇者アニー」でした。あれは、元々は
東京に転校した友人へ送るビデオに撮るためのネタとして書いたものです。

中学時代はそれで終わりだったのですが、高校に入ってから勇者アニーを
きっかけに友人の水風君とみなでいん君と一緒に勇者アニーの続編の
「FANTASY WORLD」の製作をすることになりました。みなでいん君をリーダーに
1年程続きましたが、だんだん、みなでいん君のやる気がなくなってきたのか
彼の家に行ってもただ、みなでいん君がゲームをやっている画面を見て
終わりということが多くなり「FANTASY WORLD」も日の目を見ないまま
自然消滅しました。

それからは、自分のソロ作品である「Mirlard!(ミルラード)」の構想を
練ることにしました。ファンタジーの世界観を使って登場人物の生きざまを
描くというものでした。こちらですが、高校3年の時に岩泉さんと一緒に
「Mirlard!」を作ろうかと思ったのですが、実現までには至りませんでした。
物語はシナリオみたいな感じで書いたは書いたのですが…。

そのようなことを1997年(社会人1年目です)まで続けていたのですが、
コスプレを始めてからはあまりやらなくなりました。
2001年に「Elementary School」の構想を少し考えたり、あとは年賀状用と
コスプレ衣装製作用の資料としてイラストを描いたりしていた程度で、
そんな感じのことがしばらく続きました。

2012年ですが、某イラストコンテストに応募したのがきっかけでまた
イラストや物語が書きたい(描きたい)と思うようになりました。
そこで、今年の8月にサイト「Phantom Museum」を開設して
またイラストや物語を書いていこうと思いました。
物語は、以前から構想を練っていた「Mirlard!(ミルラード)」と
「Elementary School」、そして、水風君とみなでいん君の意志を引き継ぐと
いう意味で「FANTASY WORLD」を復活させようと思いました。
あと、「勇者アニー」も新たに書き直しました。

このようないきさつを辿っていますが、また新たな気持ちで
創作活動をやってみたいと思いました。そして、サイトだったら
これまでよりももっと見てもらえる機会が増えると思いましたし、
自分の好きな時に作品を上げられるのでサークルをやっていた時よりは
やりやすいのではないかと思います。あと、プロモーションも
必要かと思いますが、そこも含めてまた運営していきたいと思います。
write:2013/10/17 rewrite:− update:2013/11/10


Back

Top