平成29(2017)年大相撲9月場所・番付
●幕内●
横綱陣は、稀勢の里と鶴竜が少々心配ですが、また頑張ってもらいたい
ものですね。期待しております。そして、大関ですが、高安は先場所以上の
成績を上げてもらいたいものですね。照ノ富士と豪栄道は、角番を脱出
してくれることを願います。

三役ですが、関脇に御嶽海と嘉風、小結ですが、玉鷲がなりましたね。
もう一人はとなると栃ノ心、栃煌山、碧山といった春日野部屋勢の中で
誰が上がるかといった所でしたが、栃煌山が上がりましたね。
碧山は先場所は13勝とはいえ、役力士とは小結の嘉風とだけだったので
平幕止まりだろうなという気はしてました。嘉風ですが、35歳5ヶ月での
関脇昇進は、戦後5位の高齢昇進ということで、頑張りますね。
栃煌山は、小結在位14場所は、昭和以降3位タイということで、この2人に
期待しています。

阿武咲ですが、新入幕以来大勝ちを続けてきましたが、ついに今場所は
上位総当たりに地位に来ましたね。頑張ってもらいたいです。
豊山も再入幕と今場所は期待しています。

新入幕の朝乃山ですが、富山県からは、平成元年9月場所の駒不動以来
戦後5人目。幕内在位は平成7年1月場所の琴ヶ梅以来ということで、
富山県出身の幕内力士が久しぶりに登場するのは嬉しい限りです。
どこまでやれるのか見守っていきたい所です。

●十両●
注目は、先場所、今場所に十両に陥落してきた元幕内力士たちですかね。
先場所10勝した安美錦、妙義龍に期待していますし、蒼国来や琴勇輝にも
期待したい所です。

新入幕を狙うという意味では、3枚目の大奄美や5枚目の竜電あたりにも
期待したい所ですかね。山口も再入幕を狙えそうな地位ですね。
あと、千代皇が千代ノ皇に改名したのですね。

新十両は、矢後と大成道が昇進しました。矢後は改名しなかったのですね。
もう少し番付を上げてからでしょうかね。2人とも頑張ってもらいたいです。
write:2017/08/30 rewrite:− update:2017/10/01


Back

Archive