14.神様が見ててくださっていると思ったこと
今日は、復活祭(イースター)なので、神様が見ててくださっていると
思ったことを書こうと思います。ちなみにおいらはカトリックの信者です。

1つは、社会で出てからですかね。学生時代は、「みんなと同じように
しなければならない」、「人と同じようにしなければならない」ということに
常に苦しめられてきたような気がします。僕みたいな変人はまさにそんな
感じです。ですが、社会で出てからはみんな大人になって大人の対応を
してくれて変な所も見逃してくれるようになりましたかね。そんな感じで
何事もやりやすくなったし、生きやすくなったと思います。

高校の時ですが、「学生時代はぬるま湯なんだよ。社会で出てからは世間の
冷たい風に当たるんだよ。」と先生が語っていましたが、僕にとっては、
学生時代の方が厳しかったです。社会で出てからの方が優しくなりましたね。
社会で出てからは、厳しい面もあるはありましたけどね。やはりこうして、
生きやすくなったという点で神様が見ててくださったのかなと思います。

2つ目は、サークルをやっていた時です、学生時代から社会人1年目にかけて
サークルをやっていました。ですが、全然上手くいきませんでした。
(このあたりもいつかもう少し詳しく語れたら良いですね)社会人1年目で
同人誌即売会に2回サークル参加しましたが、あまり上手くいきませんでした。
その時、自暴自棄になりかけたのですが、その後始めたコスプレでようやく
上手くいった感じです。その時ですが、神様が「コスプレという道もあるよ」
と指し示してくれたように思えます。

3つ目は、テレビの取材についてです。コスプレイベントにいくとたまに
テレビの取材でレイヤーさんにインタビューをしている時があるのですが、
そういうのを見ていて自己顕示欲の強い自分としては、うらやましいと
思ったリしたことがありました。ですが、ふとしたきっかけでテレビの取材で
僕もインタビューを受けることができました。あれは本当に嬉しかったです。
これについても、神様がそう導いてくれたように感じます。

僕みたいな変人は、一歩間違えると犯罪者など、間違えた方向に進んでしまう
可能性もありますが、おかげさまで、今まで逮捕されたこともなく、
まっとうな人生を過ごすことができたと思います。これも神様が僕に
悪いことをしないよう導いてくれたのかなと思います。こういった今までの
人生で良かったことに感謝して、そしてこれからも良い人生を過ごして
いきたいと思います。
write:2018/04/01 rewrite:− update:2018/07/08


Back

Archive